ヴィッセル神戸10/18(日)第23節サンフレッチェ広島戦試合結果速報
Pocket

今節対戦のサンフレッチェ広島ですが、過去5試合神戸は0勝4敗1分と勝ったことがありません。それだけに苦手意識がある相手かもしれません。強豪川崎に負けはしましたが1失点と堅守を誇るチームだけに先制点をとることが大事でしたが、難しい試合でした。

スタメン&フォーメーション

前節3バックでしたが4バックに戻し、レギュラーメンバーがそろいました。4-1-2-3という三浦監督の基本布陣に戻しました。ゴールキーパーは久しぶりに飯倉の登場です。ドウグラスは古巣対決となり気合が入ります

FW 古橋 ドウグラス 郷家
ハーフ イニエスタ・山口
WB サンペール
SB 酒井 フェルマーレン・ダンクレー 西
GK 飯倉

前半ハイライト

神戸のキックオフで試合スタート。
前節休んだレギュラーメンバーでの戦いなので、ボール回しは安定していました。

前半2分にいきなりサンペールがシュートブロックに入った時にアキレス腱とふくらはぎの間を蹴られ蹲ります。心配でしたが立ち上がり、一度ピッチの外に出ましたが再度試合に復帰します。ひやりとするシーンでした。
その後今度は前半4分にドウグラスが西からのパスを受け、GK林の頭を超えるループシュートを狙い蹴り上げますが枠の左にそれます。

前半8分にはドウグラスが今度はPA少し左手前からミドルシュートを放つもキーパー正面。積極的にシュートを打ち込みます。
その後は神戸がパスを回しながら様子を伺いますが中に切り込めません。

前半18分に古橋がDFをうまくかわし、酒井へつなぎ左サイドからPA内ヘマイナスのクロスを上げますが、中に誰もいませんでした。

前半19分、広島のハンドでイニエスタのFKにドウグラスが頭で合わせますが枠をとらえられません。

前半24分は右サイドから西が中にグラウンダーのクロスを上げ、古橋がニアで合せようとしますが、わずかに合いません。
両者譲らず飲水タイム
前半30分イニエスタが自陣でボールを奪い、古橋へのロングパス。受けた古橋がドリブルで持ち上がり、ドウグラスへのパスを狙うも通りません。
前半32分ドウグラスがファウルを受け、イニエスタがFKするも誰にもつながりません。
前半34分またもイニエスタからドウグラスへのダイレクトパスを送るもつながらず。

前半40分は西からのセンタリングにフェルマーレンが走り込みますが合いません。
前半42分、広島のCKを森島がキーパーから少し逃げる球筋で佐々木に合わせ、強烈なヘディングシュートが飯倉の伸ばした手をはじきゴールにつきささり1点。
アディショナルタイム前半47分神戸のパスミスをペレイラが奪いそのままショートカウンターに持ち込み自らシュートを放ちそれがゴールに突き刺さり、広島2点目
そのまま前半終了。0-2で神戸が追いかける展開

後半ハイライト

広島のキックオフで試合再開
堅守広島をなかなか崩すことが出来ず一進一退の攻防で10分が過ぎ、
後半12分に郷家に代えて田中を送り込みます。
後半21分にサンペールに代えてFWの藤本が送り込まれます。
後半31分に酒井に代えて初瀬が送り込まれます。
後半32分には初瀬とのワンツーで右サイドにボールを持ち込んだイニエスタがセンタリングするもキーパー林の正面
後半33分ダンクレーがファウルでイエローカードを受け次節出場停止です。
後半38分、やっと神戸にゴールが生まれます。PA前で受けたドウグラスが後ろから走り込むダンクレーにパスをし、すごいスピードでドリブルで進み上がったダンクレーが弾丸ミドルシュートを撃ち、DF佐々木の背中を少しなでる様にかすった球の軌道が変わりそのまま広島ゴールに突き刺さり、待望の1点目。ようやく広島ゴールをこじ開けます。ダンクレーは今季2点目。

後半41分広島の浅野がPA左からドリブルで持ち込みシュートするも飯倉がビッグセーブ。
後半42分今度は神戸が初瀬のクロスボールに藤本がコースを変えるヘディングをするもキーパー正面。
ボールが行ったり来たりするオープンな展開になります。
後半49分に古橋が右からのセンタリングを上げ田中が頭で合せるもクロスバーに弾かれます。決定機でした。
その直後PA内で広島DFのハンドがあるもノーファウルで流れます。
最後に追い込むも追いつくことはできずこのまま試合終了。

まとめ

試合結果

1-2

最後に追い込みましたが堅守を崩しきることができず、痛い敗戦となり3試合勝ちから遠ざかってしまいました。最後の疑惑のハンド判定もありましたが、その前に崩しきれなかったのが敗戦理由です。攻撃の連動があまりうまく行っていないような印象を受けます。ボールを回しながら崩すポイントを探すのですが、探しきれなかったです。個の技術は素晴らしいのに噛み合わず時間が流れてしまいました。

これで順位は広島に抜かれてしまい11位に後退しました。ずるずると順位が下がっており、上位食い込みが段々遠ざかっています。三浦新監督の3連勝の輝かしいデビューを飾った後の3試合勝ち無しで何が起こっているのかわからない状態ですね。次節は中2日で鹿島アントラーズ戦が控えています。何とか修正と気持ちの切り替えをして臨んでほしいところです。