セリエA初ゴール冨安健洋選手の出身高校はどこ?
Pocket

セリエAボローニャ所属の冨安健洋選手がセリエAで初ゴールを記録しました。

驚くべきことは冨安選手はDFだということです。DFの冨安選手が何故あの時にあのポジションにいられたのか。

それは、あの大きな体からは想像がつかない足の速さがあるからです。

その足の速さがどのようにして培われたのか、冨安選手が通っていた学校に焦点を当てて紐解いていきたいと思います。

足が速くなったのはいつから?

福岡県の少年少女サッカーチームである三筑(さんちく)キッカーズの総監督の辻さんがたまたま教え子の父母に会うために冨安選手のマンションを訪れたところ幅1.5m程のドア前の通路を全速力で駆け抜ける冨安少年を見かけました。

「今まで見たこともない走り方だった。風みたいなやつやなと」。走り去っていく脚を見ると、太い。「こりゃひょっとしたら身長が伸びるな」と予感したそうです。

つまり、小学生の頃から人目にとまるような足の速さを持っていたということです。

たまたま始めたサッカーが面白くなった

サッカーとの出会いは淡水幼稚園年中の頃でした。冨安選手は2人の姉が通っていたスイミンングスクールに通う予定だったのですが、室内でランニングマシンンに乗っている時に口元にケガをしてしまい、しばらく水に入れなくなってしまいました。たまたま全国で幼児のサッカー指導を手がけるコスモサッカークラブのサッカーの体験教室に行ったところ面白くて続けることになり、基本的なことはここで習ったそうです。

その後三筑小学校に入学し、そこで小1の後半で地元のサッカー少年団である三筑キッカーズに入団しました。代表監督である辻さんが冨安選手と同じマンションに住む教え子の親の所を訪ねた時にマンンションの通路をすごいスピードで駆け抜ける冨安選手を見かけたそうです。

「今まで見たこともない走り方だった。風みたいなやつやなと」。走り去っていく脚を見ると、太い。「こりゃひょっとしたら身長が伸びるな」と予感もした。

スポニチアネックスより引用

後で聞いたところ冨安選手のお母様は陸上選手だったとのこと。お父様も野球や剣道をしていたということでスポーツ選手のDNAを受け継いだのか異常なほど走れたそうです。

そこで知り合いを通じてキッカーズに入ってもらうように説得し、入団が実現しました。

キッカーズでの練習は週3日と週末の2日間の計5日練習の中でも素走りをよく取り入れていたが、冨安選手はいつも嬉々として走っていたそうです。その走力は幼稚園の時から優れており幼稚園のマラソン大会では3年連続優勝とずば抜けていました。

小4になると小6の公式戦にコンスタントに出場し、2つ上の井手口陽介選手のいるチームと対戦し、小5では新人戦県大会に出場、小6ではナショナルトレセンに選ばれるなど、地元では有名になっていました。

ポジションはボランチがメインでしたが、小5の時に1学年上のチームに入り初めてセンターバックをやりました。

11歳の時に09年に開校したFCバルセロナスクール福岡校に通いました。小学校卒業時にはスペイン遠征でAマドリードの下部組織と対戦して大敗。テクニカルダイレクターを務めていたイバン氏(現・J2東京Vコーチ)は「その中でタケは凄く良いプレーをしていた」と振り返り「高さがあるのにコーディネーション能力(運動神経)もあった。彼は凄く謙虚で賢い選手」と回想しています。スクールのコーチはFCバルセロナに推薦したのですが、小学生をスペインに連れていくのは難しく立ち消えとなったそうです。

この様に小学生で既にサッカーで様々な経験をしてきた冨安選手は小学校の卒業文集で「プロサッカー選手になって、お母さんとお父さんにおうちを建ててあげたい」と綴っておりプロになる目標をこの時には持っていたことがわかります。

今回のセリエAでのゴールもこの時に原型ができていたのですね。

中学生になってからの成長

中学生になるとアビスパ福岡の下部組織に入団し3学年ともキャプテンを務めました。

当時アビスパ福岡ジュニアユース監督だった藤崎さんの意向でセンターバックやサイドバックでなく360度の視野が必要とされるボランチとして起用し更なる成長を成し遂げさせました。

藤崎さんは冨安選手の育成に苦労した記憶が無いと言います。
冨安は、どんな時も感情を乱すことなく、黙々と努力し続ける子だった。
「(ヒントを)言えば、ずーっとそれをやっている。淡々と、淡々と、ずっとやり続ける」

スポニチアネックスより引用

キャプテンとして輪の中心にいるわけでも、個性の立つ性格でもない。感情を爆発させるような熱さや、強いリーダーシップがあるわけでもない。それでもなぜか「タケが言うんだから、やろうか」と周囲が自然についていくような存在だった。

3年生になると飛び級でアビスパ福岡のトップチームの練習に参加するようになります。
それからこの時すでにU-15に召集されて堂安律選手ら日本のトップクラスの選手と試合をともにすることも多くなっていました

高校生でプロデビューは規定路線

U-15に選出された時に藤崎さんは「代表に選ばれても僕らは驚かない。“あ、だよね”という感じなんです。こんなやつがA代表、五輪代表になるんだなと思いました。自分で頑張れるやつが。で、自分で自分のことを凄いと思わないやつが」と言い、さらにこれから着実に伸びていくのが想像できると言いました。

それから、高校は九州高校に入学したのですが3年生でプロデビューが決まったので通信制の高校に転校しサッカーの道を真っ直ぐに歩み始めました。

まとめ


冨安選手がゴールを決めた試合であのポジションに駆け上がることができたのは並外れた走力があったからでした。
そして、それは幼稚園の頃から既に持っていたものであることがわかりました。持久力と瞬発力の両方を持ち合わせていなければ動けない場所にいることで生まれたゴール。
これからも更に世界でゴールを重ねていけるよう願っています。
そして日本代表に定着し、ベルギーのシントトロイデンに所属した経験を生かし、今度ベルギーに当たることがあったらチームの中心となって勝ちに行って欲しいですね。