ヴィッセル神戸第12節8/23浦和レッズ戦試合速報
Pocket

やっとつかみとることができた勝利でした。

試合前は浦和が2連勝中で迎える今節ということで気持ちのうえでは乗っていることが予想され困難な試合を想定していました。

しかし、前節の神戸は早い段階でイニエスタ、フェルマーレンを欠いた状態となり若手が代役を務めた試合でしたが、その若手たちがしっかりと役割を果たし攻撃の形を作りあげ、得点としての結果を残したことで敗戦とはいえ、希望のある敗戦だったこともありモチベーションを維持して今節に臨めたのではないでしょうか。

それではこの試合を振り返ってみましょう

スタメン&フォーメーション

3バック&3FWを予想しましたが結果は4バック3FWの前がかりの布陣でした。
4バックの時は失点が多いこともあり、試合開始前はどうなることかと不安に思いました。
また、前節からサンペール以外の全てのメンバーが入れ替わりコンビネーションの不安もありました。

FW 古橋 藤本 小川
ハーフ 安井・佐々木
WB サンペール
SB 初瀬 菊池・ダンクレー 西
GK 前川

前半ハイライト

メンバーががらりと入れ替わった神戸。若手中心ということもありコンビネーションはどうかと不安はありましたが、そんな心配をよそに軽快にボールをまわしている印象でした。

すると前半15分サンペールのパスを受けた初瀬がサイドを駆け上がりPA内に切り込むか切り込まないかのタイミングでグラウンダーのセンタリング。それを藤本がスルーし、ファーサイドに駆け込んだ小川があっさりとゴールを決めます。頭を丸めた小川の気持ちの入った得点で波に乗りたい神戸。

その後初瀬のサイドからの攻撃が効果を見せ、もう1点入りそうな雰囲気はありましたが入らず、そうこうしているうちに前半33分、浦和のトーマスデンにCKのクリアボールをPA外から強烈に蹴りこまれ、ボールポストに当たりそのままゴールに突き刺さります。GK前川が少しも動けない弾丸シュートでした。これで同点に追いつかれます。

その後、両チームともシュートチャンスを迎えるも得点とならず、1-1で前半終了

後半ハイライト

後半開始後12分、得点が入らず両者譲らなかったところで両チームに選手の交替がありました。
サンペールに代えて大崎、佐々木に代えて山口、藤本に代えてドウグラスが入ります。浦和は武藤に代えて興梠が、青木に代えてエヴェルトンが入り、攻撃が活性化します。神戸はシステムを3バックに変えて守備に重心を置いた布陣で追加点をとられないように必死の守りでした。その代わり、ボールを保持できず、浦和に一方的に攻め込まれます。前節の柏戦が頭をよぎるようなパスをPA内に蹴りこまれあわや追加点かという場面もありました。

そんな中、後半26分浦和の興梠のシュートを前川がビッグセーブし、こぼれ玉に反応した汰木に蹴り込まれたのを菊池が頭ではじき返すビッグセーブ。ピンチをしのぎました。

後半30分に怪我明けの古橋に代わり小田が、足をつった初瀬に代わり酒井が入ります。

フレッシュな選手が5人入ったところで、ようやく神戸も攻撃が活性化。

その7分後の後半37分、ついに待望の追加点が山口によって生まれます。コーナーキックのクリアボールにPA前で反応した山口がワールドカップ予選のイラク戦を彷彿とさせる強烈なダイレクトボレーシュートをはなち、浦和ディフェンダーに当たりコースが変わったのもありGK西川も反応できず、ネットに突き刺さりました。

その後、小田の初ゴールかというような強烈なシュートもありましたが、惜しくもクロスバーではじかれます。

その後、浦和のパワープレーで再三神戸ゴールがおびやかされましたが、何とか守りきり試合終了。神戸は埼玉スタジアムで9年ぶりの勝利を掴み取りました。

まとめ

前節は実りのある敗戦と書きましたが、やはり勝利に勝るものはなく、うれしい勝点3となりました。イニエスタのいない試合で掴み取った勝利は価千金です。イニエスタの代役としてパスの供給役やコーナーキックに活躍した安井の素晴らしさ。酒井の代役として入った初瀬の細かいタッチのドリブル突破からのセンタリングは一つの攻撃パターンとして定着していました。守備も危ないシーンが幾度となくありましたが、シュートをフリーで打たせることを最小限に抑え何とかしのぎきり1失点におさえることができたのは大きな成長ではないでしょうか。また、GK前川がゴール前でドリブルをして浦和の選手をかわしてからパスをつなぐというスタイルを何度かチャレンジして成功させており、それまで飯倉オリジナルのスタイルだと思っていたのですが、これが神戸のスタイルだと気づきました。得点を決めた選手に注目が集まりがちですが、安井、佐々木、初瀬、前川らそこまでボールをひたむきに追いかけつないだ若手の活躍があってのシュート、得点、勝利でしょう。
首位の川崎が2位名古屋に敗れ、川崎の勢いを止める形になりました。26日(水)には川崎戦です。どの様な布陣で臨むのか今から楽しみです。スタメン、フォーメーション予想しますので是非見てくださいね。