ヴィッセル神戸第13節8/29横浜Fマリノス戦スタメン予想
Pocket

川崎戦の得点シーンは非常に見ごたえのあるものでしたが、あと1歩のところで勝ち点3を逃した試合という感覚が残る試合でした。

しかし、ドウグラスが少しずつ神戸の中で連携を深め得点シーンが増えてきて機能してきたことが大きく、それに加え今まで得点していなかった選手も得点する場面が増えてきたところに非常に手ごたえを感じる厚みのある攻撃を見せてくれるようになっています。

過密日程真っ只中ですが、25周年記念ユニフォームを着ての最初の試合です。今の神戸は全員がいつ出てもおかしくないリーグ最少人数のチームです。今節はどの選手が私たちを驚かせてくれるかフォーメーションとスタメン予想してみました。

フォーメーション&スタメン

色々なフォーメーションを試しながら試合を進めているフィンク監督ですが、神戸の戦い方には4バックが合っているのかもしれません。ボールをキープしながら攻撃的に進めるサッカーを目指す神戸は守備に力を入れるよりも超攻撃的に進めることで守備をするという考えなのだと思います。

試合中にフォーメーションを変えることもよくある神戸です。試合運びによっては途中で3バックに変える可能性もあります。

FW 古橋 ドウグラス 小川
ハーフ イニエスタ・山口
WB サンペール
SB 初瀬 大﨑・ダンクレー 藤谷
GK 飯倉

左フォワード

古橋亨梧選手 怪我によって予定が狂いましたが抜群のスプリントセンスに加えて攻撃の起点となっています。

この投稿をInstagramで見る

 

ホームゲームで貴重な勝点1、今後も全力を尽くします!

古橋亨梧/Kyogo Furuhashi(@kyogo_furuhashi)がシェアした投稿 –

センターフォワード

ドウグラス ジワジワと得点を重ねていますが前節怪我でピッチを去っていますので、出場できるか微妙なところです。もし、出場できないのであれば藤本選手でしょう。

この投稿をInstagramで見る

 

❤️⚓️♦️🐮♦️⚓️❤️ #WeareKobe

M.Douglas Oficial(@dyandouglas49)がシェアした投稿 –

右フォワード

小川慶次郎選手 古橋選手にスポットが当たりがちですが小川選手も足が速くDF裏への抜け出しが上手です。左右どちらのサイドも快速となれば横浜のDFを振り回せるはずです

この投稿をInstagramで見る

 

⚽️💪🥰 #トモニイコウ #一致団結 #白黒 #中1

小川 慶治朗(@keijiro_ogawa)がシェアした投稿 –

オフェンシブハーフ

アンドレスイニエスタ選手 怪我から復帰なるか。古橋選手とのホットラインで得点を積み上げたいところ。

この投稿をInstagramで見る

 

❤️ Kobe ⚽️

Andres Iniesta(@andresiniesta8)がシェアした投稿 –


山口蛍選手 攻守に欠かせない存在となり、マークもきついところですが連戦の方がコンディションがいいとのコメントを残しており、他選手を寄せ付けない輝きを放っています

アンカー

セルジサンペール 攻撃に多様性を加える役割を担いアシストのアシストとして機能しています。守備面では左右のスペースを使われやすいので、そこをどう埋めるかが鍵

左サイドバック

初瀬亮選手 酒井選手と交代で出場した浦和戦でアシストという結果を残し、コーナーキックのキッカーとしてもかなり精度の高いボールを蹴ることが実証されたので出場機会は増えると思われます。

この投稿をInstagramで見る

 

🔥🔥🔥🔥 #ヴィッセル神戸 #visselkobe #jリーグ

初瀬 亮(@hatsuseryo)がシェアした投稿 –

センターバック

大﨑選手 いまやヴィッセルの守備の要となっている選手。出場試合が1試合を除きフル出場なので怪我に注意が必要です。

この投稿をInstagramで見る

 

ホームで勝たないと。 #visselkobe #ヴィッセル神戸

大﨑玲央 Leo Osaki(@leo.osaki)がシェアした投稿 –

ダンクレー選手 最近の試合で初ゴールをマークしたり、前節ではドウグラスへのピンポイントクロスを上げたりと攻撃での活躍がよく見られます。

この投稿をInstagramで見る

 

Continuamos trabalhando firme em busca da evolução. Deus é bom o tempo todo! 🙏🏾⚽ @visselkobe #DK33

Dankler(@dankler33)がシェアした投稿 –

右サイドバック

藤谷壮選手 西選手と交代で出場する選手です。まだまだこれから出番が増えてくると思うので、攻撃参加にも特徴を出したいところ。

ゴールキーパー

飯倉大樹選手 キーパーからボールをつなぐのが神戸のサッカー。それを見事に体現できているのがこの選手。

まとめ

横浜は抜群の攻撃力で現在3連勝中と波に乗ってきています。昨季リーグ優勝ということで力のあるチームであることは間違いありません。一方で攻撃型のサッカーということで失点もあるチームなので、打ち合いのゲームになるでしょう。理想は早い時間に得点をあげ逃げ切ることですが、後半の神戸の失点の多さを考えれば2点差以上開いて後半を迎えれば勝ちが見えると思います。前節はカウンターで点を取りきれなかったため同点とされたので、カウンターの精度を上げて行きたいところです。
ルヴァン杯も控えており体力的には一番きつい所かも知れません。5人の交代枠を有効に使って全員サッカーで勝ち点を積み上げていきたいですね。