ヴィッセル神戸9/5(土)第14節湘南ベルマーレ戦試合速報
Pocket

こんにちは。
ぼろぼろにやられてしまったルヴァンカップから中2日。気持ちを切りかえて勝ち点を取りに行きたい1戦でした。

スタメン&フォーメーション

前がかりにボールを保持しながら神戸の時間をたくさん作るために4バックを採用するのではないかと思っていましたが、3バックできました。
スタメンは酒井選手と古橋選手がいつもは左サイドで起用されていたのが、今節は右サイドでの起用でした。酒井選手は両方のサイドができるということで日本代表でも力になっていましたから、ヴィッセルでもその技術を生かすかたちとなりました。古橋選手は小田選手が左が本来のポジションということで譲る形になったのでしょうか。
イニエスタとドウグラス選手は怪我の影響か今節も欠場でした。

飯倉選手はルヴァンカップであれだけ攻め込まれたら相当精神的にも肉体的にもいじめられたと思うので休息かと

FW 小田 藤本 古橋
ハーフ 初瀬 酒井
WB サンペール・山口
SB フェルマーレン 渡部 ダンクレー
GK 前川

 

前半ハイライト

湘南のキックオフでスタート。ボールは湘南のプレスが高いところからかけてくることがなかったことで神戸が握っていました。前半10分PA内でボールを受けた小田が細かいタッチで横へ流れてシュートを放ちましたが、枠の左に外れていき決まりません。

するとその直後、今度は前半12分、湘南の石原直樹がミドルシュートを放ち、GK前川が弾いたところを松田がグラウンダーのセンタリング、岩崎が右足で合わせゴールネットを揺らしますが、オフサイドの判定で神戸は命拾いをしました。

その後は一進一退となり、神戸はボールを握りながらもFWの3選手につながることがほぼ無かったです。攻撃のリズムが今ひとつ噛み合っていない状態でした。

前半23分左のPA手前の古橋からPA内の小田へのスルーパスが通り、シュートを放ちますがクロスバー上に浮いてしまいました。

前半27分には古橋もシュートを放つも左に外れます。

前半35分には藤本から古橋へパスが渡りシュートをするも相手のスライディングで足にダメージを受けます。

怪我明けなので心配なところです。

その後は神戸がボールを再び握り、まわしますが湘南のブロックの外側をまわすだけのパス回しとなり決定機の無いままぜんはん終了です。

後半ハイライト

神戸のキックオフで試合再開。
後半1分で酒井のシュートを放つもキーパー正面でした。
その後、すぐに藤本もシュート。これもポストに当たり外れます。

神戸がチャンスを生かせなかった直後、後半5分に今度は湘南にチャンスが生まれます。
ボールを運んだ湘南石原直樹、松田、金子、石原広教とつなぎ、大岩へのラストパスをヘディングでシュート。これがゴール右に入り先制点は湘南となります。
その後も湘南がボールを再び握り、石原直樹の強烈なミドルシュートがGKを強襲しますがGK前川がキャッチ。

湘南にペースを握られるかと思った後半7分にはサンペールから古橋へのパス、その間を酒井が走り込んだ所に絶妙なスルーパス。
これを酒井がゴール左隅に外から巻くような芸術的なゴールで同点に追いつきます。

酒井はJ1での9年ぶりのゴールとのことです。

これで試合は振り出しに戻り、どちらに流れが傾くかわからない展開になりました。
その後はどちらも決め手を欠き一進一退の攻防が続きます。中盤のボールの奪い合いは激しさを増します。

後半25分に小田を小川に、サンペールを安井に替えて流れをつかみに行きます。
小川は2018年に半年間だけ湘南に期限付き移籍をして13試合に出場しており、湘南はちょっとした古巣ということで期待がかかります。

するとその直後に古橋にボールがつながりシュートを打つも平松が頭で弾きゴールならず。

その後も小川のいる左サイドからの攻撃が活性化し、パスはよくまわり右に左にとボールを回しながら後半30分には小川が左からきれいな流れでシュートを打ちますがキーパー正面。

決めきれない神戸がボールを奪われ、後半32分湘南の石原直樹がスルーパスを出すも、前川がナイスセーブでシュートを打たせませんでした。

後半は湘南の石原広教が足を釣ってしまいます。試合の激しさが伝わります。

その後は神戸がボールを握りますが得点につながりません。

最後は湘南のCKを神戸が弾いたところで試合終了となりました。

まとめ

試合結果

1-1

勝ち点1を追加し順位は10位となりました。あと1点追加できればと思う残念な試合でした。個々の技術は高い神戸ですが、パスの連携が今一つでやはり1人ではできないのがサッカーだと実感する試合でした。惜しいシーンを何回か外した結果がこの得点です。守備は3バックでは複数得点は取られないのですが、失点を少なくすれば少ない得点でも勝てるので失点0で抑えるように守備固めをより強固にしていきたいです。

それから、選手の疲労が溜まる連戦ですが、次節はルヴァンカップで負けた川崎との試合。あの屈辱を振り払うためにも是非勝ち点3をとりたいです。けが人が増えてきていますので、これを機に若手を起用しチームの底上げをはかりたいところです。