ヴィッセル神戸9/9(水)第15節川崎フロンターレ戦試合結果速報
Pocket

こんにちは。
試合中、数十分だけですが勝てるかもしれないと思わせてくれた試合運びでした。
FWの古橋・藤本のWFコンビがきっちりと得点し逆転したところまではルヴァンカップを忘れさせてくれる内容でした。

それでは、スタメンとフォーメーションから始めて試合を振り返ってみましょう

スタメン&フォーメーション

川崎はルヴァンカップと同じスタメンだったのに対して神戸は怪我による離脱者が多く選手交替も限られている状態でのスタートでした。イニエスタ、ドウグラス、フェルマーレン、大﨑戦手ら主力メンバーが出られませんでした。

FW 古橋 藤本
ハーフ 安井
WB 酒井 山口・サンペール 西
SB 菊池 渡部 ダンクレー
GK 飯倉

前半ハイライト

神戸キックオフでのスタート。
ルヴァンカップでの川崎の高い位置からのプレスに対応するためGKの飯倉をはじめ、バックの選手ともにプレスがかかる前に早いボール離れをしていました。正確につなぐことができなくなりましたが、前で取られての失点リスクは減りました。

逆に今節は神戸が高い位置からのプレスでボールを奪いにかかりました。テンポのよいパス回しから前半3分で菊池がセンターライン際からロングシュートをしましたが外れました。

その後前半5分からは川崎の時間となり、登里が斉藤のパスを受けてゴールライン際までドリブル後中央へループのシュート性のセンタリングを上げますがわずかにポストより奥に外れます。

川崎の攻撃が続き、斉藤の左サイドからの突破が光り今度はPA内へのセンタリングが神戸DFに当たり、弾かれたセカンドボールに川崎の守田が走り込みシュートをしますが、ポスト右に外れたと思った直後でした。

笛が鳴り、神戸DF渡部のハンドがファールとなり、PKを献上してしまいます。キッカー小林悠に心の中で「外してください」とお願いしましたが、その願いも虚しくゴール左端に飯倉の逆をついて入れ込まれ1点。

加えて、渡部がこのファールで累積4枚目のイエローカードをもらってしまい、次節は出場停止となってしまいました。

この1点で川崎が勢いに乗り、川崎の時間が続きます。ここでもう1点採られたらルヴァンと同じ様な展開になってしまいます。後半16分にはCKのこぼれ球に川崎の家長が反応し、鋭いシュートを放つもGK飯倉がナイスセーブ

やっと前半12分から神戸の形を作り、PA前で安井から山口への意表をつくヒールパス、山口が左へ流し酒井がセンタリングするもゴールに近すぎ、GKチョンソンリョンにキャッチされます。

神戸の時間が終わった後の前半16分はスローインから旗手、家長、小林とつなぎ小林が神戸DF裏で抜け出してセンタリングし、そこへ大島が飛び込みヘディングするも枠に入らず、神戸は命拾いしました。完全に崩されてのシュートでした。

川崎がボールを握る時間が多く、大島のFKがあったり危険な時間がありましたが前半22分ようやく神戸にチャンスが到来。西からの藤本へのパスがDFにつめられそうな危険なところだったのを藤本がワンタッチでうまくターンし前へ運び古橋につなぎ、古橋が冷静にGKの右に蹴り込み同点に追いつきます。

そこで飲水タイムを経て、再開後は再び川崎がボールを握ります。そんな中でも前半32分に安井のCKを藤本がコースを変えて行きましたがGK正面でした。

その直後の後半34分には今度は川崎の旗手が鋭いグラウンダーのシュートも放つも左にそれます。

前半37分には旗手のパスから小林がループシュートも弱く飯倉がキャッチ

すると前半38分にはサンペールからのパスを古橋が中にワンタッチで入れましたが藤本にわずかに合わず。

一進一退の攻防が続き、両チームとも死力を尽くしますが1-1で前半終了

前半のボール支配率は神戸が61%とよくボールを握っていたのですが、シュート数は川崎9本に対して神戸は5本とフィニッシュまで持っていくことができていませんでした。支配率の数字程神戸がボールを握っている印象の無い前半でした。

後半ハイライト

川崎のキックオフでのスタート
後半開始早々1分で川崎はCKを獲得し守田が強烈なシュートを放つも飯倉がナイスセーブ。

後半7分は神戸の時間でした。PA内で細かくパスをつなぎ、最後は西がシュートを放つもブロックされます。

その直後の後半9分に旗手が足を痛め、三苫が出てきます。

後半11分は古橋が左から藤本へ絶妙なスルーパスを出すも藤本タイミングが合わず。惜しい。

でも、この惜しいシュートは次への布石となり藤本もタイミングを掴んできたところでした。
後半14分今度は右サイドの西からのおしゃれなワンタッチノールックパスに山口が走り込み、それを山口が真ん中を駆け上がる藤本に合わせ、ついに藤本が逆転のワンタッチゴールを決めました。
ついに逆転で2-1。ルヴァンカップのリベンジができるかもしれないと思った瞬間でした。

後半18分菊池が体を張って斉藤のドリブルを阻みます。気持ちの入ったプレーで味方を鼓舞します。
直後後半19分に三苫が神戸DFを引き付け小林に出したパスを小林がシュートするもバーに当たり、神戸またも命拾いでした。

直後後半21分に川崎は3人の選手を交代。流れを変えに来ます。
その直後、神戸は安井に代えて小川を送り出します。古橋、藤本のWFに加えて足の速い小川が入り、快速トリオで川崎のDF裏を狙います。

後半26分右サイドから西がドリブルで持ち上がり逆サイドを駆け上がる古橋にロングパスをつなぎ、持ち込んだ古橋が強烈なシュートを放つもクロスバーに当たりおしいシュートでした。

今度はサンペールから西へのパスをゴールライン際からフワリと浮かせGKの頭を超えあわやゴールかという瞬間。アイデアあふれる攻撃で川崎陣内をかき回します。

川崎が更に小林に代えてレアンドロダミアンを入れてきます。

それでも、今日の神戸は非常によく走り川崎のボールをよく捕まえ取り返します。さらに後半33分に西が再びフワリとセンタリングし藤本が頭で合わせるも枠内に入りません。

この後、藤本に変えて小田を入れます

なかなか、神戸が押し切って追加点を奪えないところで、今度は川崎の攻撃。PA内での攻防で菊池が足をレアンドロダミアンに遅れて引っ掛けてしまいPKを奪われ、それを冷静に決められ同点とされ試合を振り出しに戻されます。

何としても引き離したい神戸。高い位置で川崎ボールを奪いに行きましたが、そこをかわされカウンターを受け、後半39分に川崎の生え抜き宮代にJ1初ゴールを奪われ逆転を許します。

その後、神戸はDF菊池も含め高いFWと同じ位置をとりそこから一気に攻め込みます。
酒井がPA前でファールをもらい、FKのチャンスです。サンペールが直接狙いますが、川崎GKチョンソンリョンが弾きます。

アディショナルタイムは5分ありました。菊池の高さを生かしサンペールがボールを上げるもうまくいかず。
後半48分にはダンクレーのセタリングに菊池が滑り込むも合いません。

後半49分にサンンペールのファールで川崎ボールになり、流れが止まり試合終了となりました。

まとめ

試合結果

2-3

後半での失点が最近の神戸のパターンとなっています。より攻撃的にいき失点以上に得点をする力が無い限り、守備固めから入るのがよいように思います。今日の神戸は3バックもよく走っていたし、おしいシュートもあったので、「たられば」になってしまうのですがもしイニエスタ選手がいれば、流れは変わっていたかもしれないと思うと残念です。また、この試合で飯倉選手がJリーグ通算200試合出場という、記念の試合でしたが勝ちで祝うことができず残念です。

川崎の圧倒的な強さは選手層の厚さですね。神戸は少数精鋭を掲げ、少ない人数でやってきました。しかし負傷者の数をみれば精鋭が試合に出れない状況です。ここ数試合は点はとっても失点が多く、負けや引き分けにされてしまう試合がとても多いです。今節の失点のうちPA内のファールが2本ということでPA内での守り方は再考の余地があると思います。この少ない選手にも休息を与えることが大事です。何とか交代枠を使いながら休息につなげてほしいところです。監督の采配に答えはなかなか見出せませんが神戸は失点が後半に多いです。そこに対応しない限りずっと苦しい戦いが続きます。9月12日(土)の第16節はリーグ3位のFC東京をノエスタに迎えての1戦です。トンネルを抜けて勝利をつかみたいですね。