RakutenUN-LIMIT(楽天アンリミット)に切り替える時に注意することや便利だったこと
Pocket

こんにちは。

今回はサッカーとは関係無いのですが、妻のスマホが調子が悪くなったのを機に
この度、もともと楽天モバイルのユーザーだったのですが話題の「Rakuten UN-LIMIT」への移行手続きをしました。
今回、手続きをするうえでの注意点をまとめてみました。
この記事はこの様な方に読んで頂ければお役に立てると思います。

  • 楽天モバイルユーザーで「スーパーホーダイ」から移行を検討されている方
  • 楽天モバイルユーザーで「組み合わせプラン」から移行を検討されている方

プラン変更する前の注意点

「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」へ戻ることはできない

「Rakuten UN-LIMIT」へ移行すると現状では「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」へ戻ることができない片道切符となります。現状では「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」への移行手続き開始時期は未定となっています。

楽天としては楽天回線に移行してほしいのでしょうけど、これが我が家でも「Rakuten UN-LIMIT」への移行をしばらく躊躇させる原因となりました。使用するデータ通信量によっては無制限の必要がない方にとっては安くなるプランの用意は必要だと思います。他のキャリアに流れてしまう可能性ありです。

プラン料金1年間無料は1人1回線ですが・・・

「プラン料金1年間無料は1人1回線のみ」との文言があるので、1人で2回線以上持っている方は基本的には1回線分しかこの特典が適用されないのです。ところがカスタマーサポートに問い合わせたところ、利用者登録があれば名義人とは別の1回線とみなされるので特典を受けることができるとのことです。

我が家の場合私名義で妻の分も契約しており、妻の利用者登録をしていない状態で妻の分を先に移行手続きしてしまったため、ややこしいことになりました。

我が家のように2台同一名義で契約していて利用者登録されていない場合、後で利用者登録はできないとのことで、1台を契約名義を変更してから「Rakuten UN-LIMIT」への移行手続きをしましょう。名義変更はカスタマーサポートに電話して名義変更したい旨を伝えると、用紙を送ってくれるので必要事項を記入後郵送し、その後結果を待ちます。私の場合この手続きに3週間くらいかかりました。

いよいよ「Rakuten UN-LIMIT」への変更

いよいよ申し込みです。下記リンクより進みます。


「新規/MNPお申し込み」「スーパーホーダイ・組み合わせプランからのプラン変更(移行)お申し込み」がページ中にあるので、該当する所から入っていきます。

「スーパーホーダイ・組み合わせプランからのプラン変更(移行)お申し込み」から入ると楽天アカウントを入力する画面に入るので、アカウント入力をして進みます。

後は画面に従って進んで完了です。案外あっさりと注文は完了します。

SIMカードが届いたらいよいよ開通

妻はGALAXYA7を購入しました。ですので、端末とSIMカードが同時に送られてきました。

注文後、3日で届きました。こんな箱で届きます

中を開けると、緩衝材が入っており

なんてことはない普通の梱包です。

内容物はこんな感じです。端末・SIMカード・スタートガイド・下取りサービスの案内

GALAXYA7端末の箱を開けるとこんな感じ

そして付属品です。充電アダプターとケーブル、SIMカードのトレーを引き出すピン、スマートスイッチ

このスマートスイッチが優れもので、古い端末から新しい端末へアプリをコピーしてくれるんです。ケーブルでつないで開始するとアプリが入ってくれます。今までは自分で一つずつインストールしていたのですが、これは楽でした。Androidを使いながらiPhoneの中身がまるごと移行できるのを羨ましく思っていたので、これは革新的です。

ただ、LINEのトーク履歴や友達のデータ移行の手続きは別途必要なので先に済ませておいてください。

いざ開通と思ったのですが、我が家では届いた当日すぐにはしませんでした。というのも、下記の様な文言があり、21:00以降に始めると、翌日の開通となり平日仕事があると設定などに時間をとれないと思ったからです。ですので、休みの日に合わせて開通作業をしました。開通作業と言っても新しいSIMカードを新しい端末に入れて電源を入れるだけで、ものの15分くらいで終わる簡単なものでした。

転入受付時間によって手続き転入完了時間が異なります

ご確認の上、時間に余裕を持って、お手続きください

受付時間9:00~21:00の場合

  • 当日中にMNP転入完了

受付時間21:01~翌日8:59の場合

  • 翌日9:00以降MNP転入完了

Rakuten Linkは必ず入れましょう


国内通話が全て無料となる優れものアプリです。楽天でんわでは通話料が安いとはいえ料金がかかっていたのですが、このRakutenLinkアプリは国内電話し放題ということで、まさに最強です。相手が楽天モバイルではないとだめというような縛りはなく国内ならどこにかけても無料です。
入れ方はgoogleplayで検索するかスタートガイド内のQRコードを読み込んでもインストールできます。

まとめ

以前から楽天モバイルを使っており、使っていた端末の調子が悪いのもあり色々と考えたのですが、1年間無料で2年目から月々2980円ということは2年間で月々1490円です。今の組み合わせプラン1600円よりも安いです。3年目からどうしようかという問題も出てはくるのですが、その時は国内のスマホ事情も色々変っている可能性もあるのでその時に考えるつもりです。

ということで妻は端末とSIMカード。私は端末はまだきれいなのでSIMカードだけ頼みました。

しかし複数の端末の名義が同じだと1年間無料キャンペーンが適用されるのが1回線分ということで、名義変更を3週間かけて行ってから私のSIMカードの注文をすることになりました。私の場合は名義変更に成功しましたが、カスタマーサポートの電話での話では複数端末のうち1台が楽天UN-LIMITに移行した場合は名義変更そのものができない場合があるとのことでした。

もし名義変更が不可となった場合ですが、全てをUN-LIMITに移行してから1件3000円をかけて名義変更をします。それから1年間無料キャンペーンの適用の申請をあげると1年間無料が適用されるとのことでした。

一番簡単なのは名義人が同じでも利用者登録がしてあれば1台1台1年間無料の適用を受けることができるとのことでした。ですので、これから家族でRakutenモバイルへの乗り換えをしたり、複数台を新規契約する方は必ず利用者登録をして1年間無料の特典を受けましょう。300万人到達はまだみたいですから。

というわけで、移行前の段取りで移行の進み方が違うのでご注意ください。
それでは、次回は使い勝手などレポートできたらいいなと思ってます。

300万人まで1年間無料のキャンペーンがいよいよ4月7日に終了とのことです。迷っている方は滑り込んでくださいね。

というわけで私のSIMカードのみのプラン変更とRakutenUN-LIMITの使い勝手の記事もあるので読んでみてくださいね。

RakutenUN-LIMITV(楽天アンリミットV)へのアップグレード始まる・その使い勝手とSIMカードのみのプラン変更(移行)時の注意点