ヴィッセル神戸9/26第19節コンサドーレ札幌戦試合結果速報
Pocket

こんにちは。
第19節コンサドーレ札幌をホームに迎えての1戦。三浦新監督の指揮での初戦。
前節の波に乗って行きたいところで、その波にうまく乗って行けた1戦でした。
基本的にはチームの方針は変わらず行くという形で大きく変わることは無いということで、選手にも大きな混乱が無かったのはよかったと思います。

スタメン&フォーメーション

前節のイエローカードの累積枚数が4枚になったことで、サンペール、西は出場停止ということでサンペールに代わり山口が、西に代わり藤谷が出場、山口が普段いるインサイドハーフに安井が入ってのスタメンです。フォーメーションは予想通り4バックでドウグラスの1トップの4-1-4-1となりました。

FW ドウグラス
ハーフ 古橋 イニエスタ・安井 郷家
WB 山口
SB 酒井 フェルマーレン・大﨑 藤谷
GK 前川

前半ハイライト

神戸のキックオフで試合開始。
開始早々、札幌は神戸からボールを奪い開始30秒でいきなり菅がシュートに持ち込みます。
高い位置からプレスでボールを奪いに来るのが神戸に対する攻め方として川崎戦の大敗から各チームに広まっているようです。
しかし神戸の選手もこのパターンの攻め方に慣れてきたようで、引っかかることはなくイニエスタを中心にうまくボールを回していました。
前半4分藤谷が右サイドを駆け上がり、真ん中に走り込むドウグラスにセンタリングしますが、キム・ミンテに弾かれシュートになりません。
前半9分に再度、札幌の小柏がPA前にドリブルで持ち込み大﨑と交錯して倒れましたがPKとはならず、神戸は命拾いをしました。
初めは札幌に持たれて攻められ続けましたが、そこをかいくぐり神戸がボールを回し始めます。
そして前半18分、ついにイニエスタから酒井へのワンツーでPA内に入り込み、マイナスのクロスを入れ、ドウグラスの後ろから走り込んだ古橋が今季9点目のシュートをゴール左隅に華麗に流し込み先制点です。完全に札幌の守備を崩しきったゴールでした。

この後がいつも守れない神戸でしたが、今日は大﨑、フェルマーレンのセンターバックを中心によく守りシュートは打たれましたが失点をしない雰囲気がありました。

前半26分に酒井がプレーの流れの中で進藤に足首を蹴られ倒れるもプレー続行。心配でしたがプレーの中で少しずつ回復したようです。ナイスファイト。本当に強いです。

前半33分左サイドから古橋が走り込み、真ん中に走り込むドウグラスに絶妙なスルーパス。これをドウグラスがダイレクトシュートするも中野がナイスブロックで阻みます。
前半38分PA少し手前でパスを受けたイニエスタがスルスルとPA内に侵入しシュートするも駒井がブロック。DFからするとパスするかシュートするかわからないのでつかめないでしょうね。

前半42分にはイニエスタ、古橋から安井とつなぎシュートするも枠外でした。

前半45分今度はまたもやイニエイスタから古橋に鋭いパス。そこから古橋がシュートするも、進藤がブロック。そのボールがPA手前に落ち、そこに郷家が走り込み、ゴール右上に冷静に蹴り込み、ゴール。見事。これで2点。この辺りから負けない気がしてきます。

前半47分にはドウグラスが強烈なシュートを放つもGK中野に弾かれます。ドウグラスのゴールがなかなか見れない最近の試合です。

そしてそのまま前半終了。イニエスタも本来の調子を取り戻したようで、簡単にボールを奪われるようなことが無く、安定したボール捌きで観客を魅了しました。ダブルタッチでとんとんと相手をかわして行く姿は痛快でした。

ボール支配率は神戸53%、シュート数は神戸、札幌ともに5本ずつと決してボールを支配できていたわけではなく、札幌の攻める時間帯も多かった中で神戸がよく守り、多くは無いチャンスをものにできたのがよかったです。

後半ハイライト

札幌のキックオフで試合再開
今日の神戸は誰がどのゾーンを守るかよく戦術が練られていたように思います。ボールを奪われてすぐに奪い返す前線の選手とボールについていくのではなく、エリアに侵入された所で人につきながら守るDFとで札幌の攻撃をかわし続けます。

ボールが神戸に渡ったり、札幌に渡ったりと自陣、敵陣をボールが行ったり来たりする中で神戸は少し守る時間が多かったです。
その中で後半17分ついにクリアボールを拾ったイニエスタが得意のロングフィード1発で古橋にパスをつなぎ、古橋が快速でキーパーと1対1に持ち込みシュート。少しキーパーに当たったように感じましたが見事に股の間を打ちぬきゴールにボールがふわっと入り3点目。古橋の今季10点目です。そして何と2試合連続の2得点。

後半22分安井に代わって小田が送り込まれます。ポジションは小田が左ウイングに入り、古橋が右ウイングに安井がいたインサイドハーフに郷家が入りました。

後半23分には古橋がハットトリックかと思うシーンでしたがDFにブロックされます。

後半31分には2得点をあげた古橋が小川に交代。これからまだ、攻めるという布陣です。

そのまま試合が動かず後半44分には最後の選手交替。フェルマーレンに代わって菊池、ドウグラスに代わって藤本、藤谷に代わって初瀬がピッチに送り込まれ試合を閉めにかかります。

そのまま終わらないのが今日の神戸のすごいところです。ついに小田の待望の初ゴールが生まれました。後半45分神戸陣内のこぼれ球を拾おうとした藤本が倒れ、その左を走りあがった小田がそれをドリブルで持ち込み、DFを振りぬき、そしてGKまでもかわしたところで落ち着いてゴールへボールを流し込みました。長かった初ゴールへの道のりでしたがついに待望の初ゴール。喜びを爆発させる小田にその裏で苦しんだことから開放された喜びが感じられました。

そしてそのまま今季2度目の神戸無失点での試合終了です。

まとめ

試合結果

4-0

前節に引き続き勝利をつかみとることができ三浦新監督の指揮での初陣を最高の形で終えることができた試合でした。前節も4得点と素晴らしかったですが、今節は14本のシュートを打たれながらも無失点で抑えることができ更に試合内容も充実したものとなりました。この守備の強化は三浦監督の指導がたったの2日で徹底されたところのようです。得点力と守備力の両方を備えたチームとなれば勝率はぐんと上がります。これからに期待です。

それから、個人的にうれしかったのは古橋選手の今季10ゴール目です。コロナ中断後に古橋選手のゴール数を11得点と予想したのですが、残りの試合数からすればまだまだ伸ばしてくれそうです。ここは予想をどんどん上回ってくれたら更にうれしいです。

そして、小田選手の初ゴールです。得点後のガッツポーズ後、後ろに転んでしまうちょとしたハプニングがありましたが、うれしさを爆発させた姿に今までなかなかチャンスをものにできなかった苦労が報われたのを感じうれしかったです。これで1歩ステージが上がったので、ますますの活躍に期待しかありません。

さあ、次節は29節の名古屋グランパス戦です。ホーム3連勝に期待です。前の名古屋とのアウェイゲームの借りを返しましょう。

気になるリーグ順位ですが、現在暫定で10位ですが、翌日の広島戦の結果次第で順位が変わります。