ヴィッセル神戸9/30(水)第26節名古屋グランパス戦スタメン予想
Pocket

こんにちは。
サガン鳥栖戦、コンサドーレ札幌戦と連勝で勝ち進んでいるヴィッセル神戸ですが、ホーム3連戦の最後は現在リーグ4位の名古屋グランパスとの1戦です。前回の名古屋戦は山口が芸術的な先制点を取りながらも2回のPKを与えてしまい負けるという何とも悔しい結果でした。崩されて奪われた点ではないので負けた気がしないのです。この借りを返してほしいと思います。

気になるスタメン&フォーメーション

2連勝で前がかりで行きたいところ。しかし、名古屋の得点力は前節を見ても間違いないので今節は3バックで守備を固めるのではないでしょうか。また、ヘディングが上手なダンクレーを入れて後ろからの攻撃にも期待です。ここ数試合ドウグラスの得点を見ていないので、そろそろ決めてくれるのではないでしょうか。

FW 古橋 ドウグラス
ハーフ イニエスタ・山口
WB 酒井 サンペール 西
SB フェルマーレン 大﨑 ダンクレー
GK 前川

左フォワード

古橋亨梧選手 神戸の点取り屋。前節で今季10得点目を決め、現在リーグ得点ランキング5位。しかも、2位から4位は11得点と横並びなので、また2得点あげれば2位も夢ではありません。まだまだ決めていきそうな雰囲気です。応援してます。

右フォワード

ドウグラス選手 体の強さでボールをキープし、攻撃の起点になれる選手。得点がほしいところですがコーナーキックやサイドからのセンタリングにヘディングで合わせて得点しそうな予感がします。

この投稿をInstagramで見る

 

Buscamos a Vitória porém escapou no final ! Deus no comando 🙌🏾🙏🏾, seguimos trabalhando … 💪🏾♦️🐮♦️

M.Douglas Oficial(@dyandouglas49)がシェアした投稿 –

インサイドハーフ

アンドレス・イニエスタ選手 涼しくなってきて一気に調子を取り戻し、前々節、前節と圧巻のプレーが満載。もはや異次元です。

この投稿をInstagramで見る

 

👍🏼🙂 @visselkobe

Andres Iniesta(@andresiniesta8)がシェアした投稿 –


山口蛍選手 蛍さんもイニエスタ同様に異次元の領域に来ています。攻めてよし、守ってよし。

左ウイングバック

酒井高徳選手 体が本当に強いので削れるうえに削られてもすぐに回復してしまう。前節はしばらく動けないくらい痛そうでしたが、時間の経過とともに元通りに戻り素晴らしいプレーを見せてくれました。サイドからの攻撃がポイントとなりそうなので、左サイドを支配してほしいです。

アンンカー

セルジ・サンペール選手 イエロー累積4枚で前節休んだので体のリカバリーは進んだと思います。攻撃の起点となることができます。

右ウインングバック

西大伍選手 サンペール同様イエロー4枚累積で休んだので、今節暴れてくれると思います。左の酒井、右の西でサイドを支配して名古屋の堅守を崩したいです。

この投稿をInstagramで見る

 

釣りをすること

西 大伍 Daigo Nishi(@daigonishi22)がシェアした投稿 –

左ストッパー

トーマス・フェルマーレン選手 さすがの安定感があります。ボールを保持して前に持ち上がる時は迫力があります。

この投稿をInstagramで見る

 

Debut game! @visselkobe

Thomas Vermaelen(@thomasvermaelen)がシェアした投稿 –

センターバック

大﨑玲央選手 体を張って0点に抑えた前節のようなゲームが増えると勝ちを積み上げていけますね。

この投稿をInstagramで見る

 

#longhairdontcare

Leo Osaki(@leo.osaki)がシェアした投稿 –

右ストッパー

ダンクレー選手 ヘディングに強いため、名古屋の守備を崩すキープレイヤーとなる可能性があります。

この投稿をInstagramで見る

 

Seguimos batalhando por nossos objetivos! 🙏🏾 @visselkobe

Dankler(@dankler33)がシェアした投稿 –

ゴールキーパー

前川黛也選手 前節の完封勝利の立役者の一人です。ビッグセーブでチームを救います。

まとめ

今節勝利しても前を行く浦和にはまだ追いつけません。しかも浦和が勝てば勝ち点差は縮まらないので上に上がるためには4連勝しないと順位は上がらないです。その反面後ろには広島と大分が勝ち点差1で控えているので負けたり引き分けると今節だけで順位が下がる可能性があります。そんな厳しい現実ではありますが、波に乗っていければ順位を上げることはきっとできます。また、控えには前節初得点をあげた小田選手や安井選手、郷家選手、佐々木選手などいきのいい若手がそろっているので、前節同様点差が開けば積極的に起用して頂きたいです。