ヴィッセル神戸10/14(水)第22節大分トリニータ戦試合結果速報
Pocket

アジアチャンピオンズリーグに向けての底上げマッチとレギュラーメンバーの休息という狙いだったでしょうか。

レギュラーメンバーの中に何人か新しいメンバーを入れて発進というのはありますが、これだけがらりと変わったメンバーで試合に臨むというのは三浦監督もかなり思い切った起用をしますね。今節で山川選手が初出場ということで、また選手層に厚みを加えてくれました。若いメンバーでどれだけ思い切りのいい試合をしてくれるのか、非常に期待できるはじまりとなりました。藤本は大分に所属していたチームなので特別な思いを持って臨んだと思います。

スタメン&フォーメーション

レギュラーメンバーでは定番となっている4-1-2-3ですが、今節は3-4-3で臨みました。何とアカデミー出身者が7人も出場。若手とはいえ何回か試合に出ている選手も多数いて、心強い布陣でした。ゴールキーパーは吉丸です。今シーズン初選発です。なかなか出場機会に恵まれていない選手もいますので、この試合でしっかりアピールをしようという気迫を感じる試合でした。

FW 小田 藤本 小川
ハーフ
WB 初瀬 安井・佐々木 藤谷
SB 山川 渡部 菊池
GK 吉丸

前半ハイライト

大分のキックオフから試合開始
神戸が小気味よくボールをつなぎながらチャンスをうかがい、まずは前半5分に初瀬が逆サイドで呼び込む小川にアーリークロスを入れるも、GKムン・キョンゴンにキャッチされます。

前半開始早々5分に小川が前線の藤本へピンポイントのクロスを上げ、それを藤本が頭で合わせクロスバーぎりぎりの所でGKの頭を超えるゴールで先制点の奪取に成功。古巣、大分への挨拶といったところでしょうか。これからまだまだ点をとっていけるという雰囲気の戦いでした。しかし、簡単にはいきませんでした。

前半14分、大分の知念がゴール前にボールにヘディングしようと突っ込み、吉丸と接触。ひやりとしましたが、どちらも大丈夫でした。

前半16分、再び知念の飛び込みを吉丸、菊池コンビで弾きました。菊池が気合の雄たけびとガッツポーズ!菊池も大分が古巣。気合が入ります。

前半20分、田中達也が左サイドから侵入しシュートを打つも吉丸がキャッチ。

前半22分、渡の鋭いヘディングシュートを吉丸が再び弾き出し、ビッグセーブ!

大分の攻撃が続きます。大分の時間。神戸我慢です。

ようやく大分の攻撃を切り今度は神戸の番です。25分、28分と佐々木がミドルシュートを放つも枠を捉えられず。その後大分が神戸陣内に入ります。
この後は両チームともに得点できず前半終了
ボール支配率は神戸が58%

後半ハイライト

後半5分、大分の野村がいきなりゴール正面から山川の股下をくぐる強烈なシュート。正面だったこともあり吉丸がキャッチ。

後半13分藤本からのショートパスを受けた小川が反転して強烈なシュートを放つも正面だったこともありキーパーに弾かれます。

後半15分、小田がPA左から中へ切り返しシュートも枠をとらえられず。
後半17分、大分のCKからの知念の強烈なヘディングシュートに吉丸がしっかり反応し最後にはキャッチ。
後半19分、佐々木に代えて山口、小田に代えてイニエスタが登場。

フォーメーションを3-3-2-2に変更して臨みます。イニエスタはインサイドハーフのポジションの下がり、小川、藤本の2トップに変更。
後半37分に初瀬に代えて酒井高徳を投入。
後半40分には小川に代えて古橋、藤本に代えて前節復帰後いきなり2ゴールをあげた田中を投入し追加点を狙いにいきます。
イニエスタを中心にボールを回しチャンスを伺いますが、大分がボールを奪うと早いパス回しで田中達也が起点となり岩田があげた折り返しのクロスが神戸DF酒井に当たり、オウンゴールとなってしまい、同点。

後半44分にはイニエスタからの絶妙なスルーパスを田中が受け、シュートするもキーパー正面
後半45分にはイニエスタのCKに渡部が合せるも枠を捉えられず。
手を尽くすも神戸、大分ともに追加点を奪えず試合終了

まとめ

試合結果

1ー1

勝ちきれず悔いの残る試合となりました。しかし、個のプレーではそれぞれが持ち味を出し、特にゴールキーパーの吉丸はビッグセーブを繰り返しポテンシャルの高さが存分に発揮されました。初出場の山川も初めてとは思えない落ち着きを持って危なげの無いプレーをしていました。オウンゴールという不運な結果とはなりましたが、その前に崩されてその場所にボールを通されたことが失点の直接の原因だと思うので、酒井を責めることはないですし気持ちを切りかえて次に臨んでほしいですね。

順位は前を行く浦和も同じく柏と引き分け、後ろの広島は川崎に負けたため変わらず10位です。次節は神戸は広島戦、浦和は仙台戦。ここで引き離されるわけにはいきません。しっかり勝ちをつかんで上位に食い込みたいですね。