ヴィッセル神戸10/28(水)第30節ベガルタ仙台戦スタメン予想
Pocket

勝ちが遠いヴィッセル神戸。中6日をはさんで調整をしてきたはずです。

噛み合わない攻撃、噛み合わない守備。どちらも今現在スランプ真っ只中です。

強みだったサイド攻撃も現状塞がれてしまう状況です。頼みの綱はイニエスタのピンポイントのロングフィードだけとなってしまっています。

どう立て直す?神戸

今節はアウェイでのベガルタ仙台戦。ホームでの仙台戦は負けています。この借りを返してほしいところです。

それでは、今節のフォーメーションとスタメンを予想してみました。

気になるスタメン&フォーメーション

中6日ということで選手のコンディションは一旦クリアにされており、誰が出場してもフルパフォーマンスを出せる状況だと思います。ACLに向けた調整も必要だと思いますが、この現状を何とか打破するためにレギュラーメンバーの先発で固め、途中交代枠をフルに利用して交代選手の調整もしてくるのではないでしょうか

フォーメーションは基本布陣の4-1-2-3が濃厚ですが、アンカーの脇のスペースを使われての失点があまりに多いので、私は2ボランチの4-2-1-3の形を一度試してほしいと思います。

FW 古橋 藤本 田中
ハーフ イニエスタ
WB サンペール・山口
SB 酒井 フェルマーレン・ダンクレー 西
GK 前川

左フォワード

古橋亨梧選手 今季11得点目を上げてからゴールが遠いです。古橋選手のゴールが生まれなければ神戸の勝ちは遠いです。力まずに12得点目を目指してほしいところ

この投稿をInstagramで見る

 

👀👀👌🏼👌🏼

古橋亨梧/Kyogo Furuhashi(@kyogo_furuhashi)がシェアした投稿 –

センターフォワード

藤本憲明選手 出れば得点という結果を残している藤本選手。ゴールの嗅覚は最高。先発で勢いをつけてほしいところ

右フォワード

田中順也選手 ゴール前の怖さとうまさを持ち合わせた右フォワードは田中選手が一番かと。2得点とんとんとあげて若手につなぎたいところです。

インサイドハーフ

アンドレス・イニエスタ選手 不利な状況を一発のパスで打破できる破壊力は健在。ただ、ここ数試合はなかなかそのパスもつながらない場面が多くもどかしいです。イニエスタ選手が周りを生かすことはもちろんですが、周りがイニエスタ選手を生かすことも大事です。好調時の軽妙なパスのやりとりを見てみたいです。

ボランチ

セルジ・サンペール選手 アンカーで両脇のスペースを使われてしまい、守備面で難しいところがあるので山口選手とダブルボランチにしてしっかりと守備を固めて攻撃につなげたいところ


山口蛍選手 神戸では攻撃的守備として活躍してくれますが、ここ数試合の失点を見るとアンカーの脇のスペースを埋める必要があるのでサンペール選手と2ボランチで固めてそこから攻撃につなげたいところ

左サイドバック

酒井高徳選手 左サイドでボールを保持できるのは酒井選手です。強さとうまさを持ち合わせています。何とかこの連敗から這い上がるために、いつも通りの熱い球際のプレーでチームに喝を入れてほしいところです。

センターバック

トーマス・フェルマーレン選手 この数試合ではダンクレー選手とのセンターバックコンビが一番固い守備のように感じます。何とか失点を最小限に食い止め、連敗から脱出したいです。


ダンクレー選手 フェルマーレン選手とのコンビで鉄壁の守備を作りあげてほしいところ。また、攻撃センスもあるのでダンクレー選手には攻撃にも是非参加してほしいところです。

右サイドバック

西大伍選手 面白いサッカーを見せるトリッキーマスター。山口選手とのパス交換で右サイドを崩していってほしいところです。

この投稿をInstagramで見る

 

西 大伍 Daigo Nishi(@daigonishi22)がシェアした投稿

ゴールキーパー

前川黛也選手 最近3選手で熾烈なレギュラー争いをしている神戸です。いつも誰が出るか悩むところです。最近の試合は落ち着いたプレーで味方を鼓舞しているのでこのまま定着していってほしいところ。

まとめ

ACLを睨んでのチーム強化が求められる時期なので、積極的に若手にも出場機会を与えて訓練したいところですが、ここ最近の負け越しは昨年の8位という順位すら越えられない可能性があり、1試合の重みが違うため計算できる戦力でやらざるをえません。早い段階で3得点をあげ、若手にタッチしたいところです。これから全勝したとしても勝ち点が21点ですので、現段階で勝ち点33の神戸が勝ち点65の川崎フロンターレに追いつことはできません。2位以下はまだ完全に望みを絶たれることはありません。これからの試合、今度は連勝記録を伸ばしていきましょう。