ヴィッセル神戸11/3(火)第26節清水エスパルス戦スタメン予想
Pocket

4試合ぶりにつかんだ勝利を無にしないためにも今節の清水にもしっかりと勝っていきたいところです。

清水は現在17位ということで調子がよいチーム状況ではありません。清水のホームゲームということもあり何とか勝ちを掴みに必死でくるはずです。

そのような中で神戸はどの様なフォーメーション、スタメンで臨むのか予想してみました。

気になる予想スタメン&フォーメーション

前節は守備を固める狙いがありアンカーシステムをやめて2ボランチシステムを導入し、4-4-2の布陣で臨みましたが、結果2失点ということでまだまだこのシステムが機能しているかはわからない状況ですが、三浦監督も様々なシステムを試しながら最適解を探していくのではないでしょうか。今節も2ボランチを採用しつつもイニエスタを出場させるため中盤でのボール回しが上がることが期待されるので4-2-3-1でイニエスタの周りを囲むような形で2ウイング1トップでいくのではないでしょうか。

FW ドウグラス
ハーフ 古橋 イニエスタ 郷家
WB 山口・サンペール
SB 酒井 大﨑・ダンクレー 藤谷
GK 前川

センターフォワード

ドウグラス選手 前節のヘディングシュートで仙台に傾きかけた流れをいっきに引き寄せた勝負強さを今節もいかんなく発揮してくれるはずです。

左サイドウイング

古橋亨梧選手 現在通算12得点で得点ランキング3位と昨年を一歩上回りました。ここまで何試合かゴールが見られず心配していましたが、ドウグラス選手同様に前節のゴールを機に今節ものっていってほしいところ。足の怪我の影響が心配ですが、古橋選手が出られない場合は若手の小田選手にもチャンスがあるかも。

この投稿をInstagramで見る

 

勝利!今日も応援ありがとうございました。

古橋亨梧/Kyogo Furuhashi(@kyogo_furuhashi)がシェアした投稿 –

インサイドハーフ

アンドレス・イニエスタ選手 前節欠場し、パワーを貯めて今節に爆発させてくれるはずです。

右サイドウイング

郷家友太選手 前節のゴールをきっかけに怪我の前に続く2試合連続ゴールに期待します

この投稿をInstagramで見る

 

今日も応援ありがとうございました!! 地元で得点出来たのは嬉しい! こっからまた上がって行きましょう!

郷家友太(@yuta_goke27_official)がシェアした投稿 –

ボランチ

山口蛍選手 前節サンペール選手と2ボランチで守備固めに集中しました。まだまだ検証しなければわからないと思いますがPA前の守備の薄さをカバーできれば失点はかなりの確率で避けることができると思います。いつもの山口選手の激しいプレーとは対照的なクロちゃんの姿に癒されます。


セルジ・サンペール戦手 2ボランチで攻撃参加がしやすくなったようです。ここから、得点につながるパスがどんどん出てくればまだ得点を量産できると思います。

左サイドバック

酒井高徳選手 激しさと冷静さを持ち合わせ使い分けている酒井選手は欠かせない存在です。

この投稿をInstagramで見る

もっと結果でチームの力にならないと。 内容を後半に少し修正出来たのは良かったけど勝ちにこだわらないと。その為に個人がチームが突き詰めて行く、その作業のクオリティが高いチームが強くなると思う。 絶対に勝たないと。結果を出さないと。と言う世界で生きてきたからこれじゃダメだってなる。 頑張ります。皆様応援有り難うございました! #ヴィッセル神戸 #gs24 #連戦 #再開後初の観客導入 #声を出して喜びたい #叫びたい #そんな気持ちを抑えて #ルールを守ってる日本のファン #観客がいるのに盛り上がらないのは #どーかと思うけど #本当に尊敬します #海外なら絶対叫んだりしてると思う #日本の良いところ #ちなみに僕が観客なら #絶対叫んでる😂

GotokuSakai_official(@sakai_go1123)がシェアした投稿 –

センターバック

大﨑玲央選手 攻撃的なパスを得意とするセンターバック。ゴール前をダンクレーと固め、ボール奪取からいっきにパスで前へつなげるか


ダンクレー選手 前節あわやゴールかというシュートを放つ。今節も積極的に攻撃に参加します

右サイドバック

藤谷壮選手 西選手はあまり連戦しないので藤谷選手が先発でいくのではないでしょうか。

ゴールキ-パー

前川黛也 飯倉とライバル候補でありどちらが出てもおかしくない1戦だと思いますが、ここはあえて前川選手で

まとめ

前節の勝利をつなげていきたいところ。今節、神戸が清水に勝利し広島が浦和に敗退すれば順位を1つ上げることができます。残りの6試合を全勝しても勝ち点は最高で54までしか届かず、1位は100%不可能、2位の好調ガンバ大阪が現在勝ち点51で残り試合を全敗する確率はかなり低いので実質2位も厳しい状況です。どこまで勝利でつないでいくことができるか残り試合から目が離せません。