ヴィッセル神戸11/11(水)第32節ガンバ大阪戦スタメン予想 残り4試合
Pocket

いよいよ残すところ4試合となり、神戸の上位食い込みは難しいところとなっています。4試合全勝してやっと勝ち点が48となります。好調な上位チームがこのまま勝ち点を伸ばさなければ、最大5位まで上がることができますが、現実的ではないでしょう。何とか昨年の8位を超え7位以内に入ることを目標としたいところですね。

さて今節は好調ガンバ大阪とパナソニックスタジアム吹田で対戦です。簡単な相手ではありませんが、ガンバに勝利できればその後の3試合は勝てそうな気がします。

スランプ真っ最中のヴィッセル神戸ですが、三浦監督の采配に注目が集まるところです。

気になるスタメン&フォーメーション

2ボランチシステムを2試合で試しましたが、結果失点数は変化が無かったということで前節はアンカーシステムに戻しました。やはり失点はしてしまいましたが2ボランチと同じ失点数ということで、攻撃の形が作りやすい従来の4-1-2-3にするのではないでしょうか。

FW 古橋 ドウグラス 郷家
ハーフ イニエスタ・山口
WB サンペール
SB 酒井 フェルマーレン・ダンクレー 西
GK 飯倉

左フォワード

古橋亨梧選手 怪我の具合が思わしくないのか2試合欠場中です。スピードと精度を兼ね備えた攻撃力はリーグの中でもトップクラスですから神戸の攻撃の迫力を出すためにも出場してほしいところです。まめに更新されているインスタが更新されていないのでもしかするとあまり具合がよくないのかもしれません。もちろん、怪我の状態次第ですので無理は禁物ですよ。

この投稿をInstagramで見る

 

😄⚽️ @visselkobe

古橋亨梧/Kyogo Furuhashi(@kyogo_furuhashi)がシェアした投稿 –

センターフォワード

ドウグラス選手 前節欠場は怪我かもしれませんが怪我が治っていれば出場だと思います。高さのある攻撃は神戸のFWではこの人しかできません。

右フォワード

郷家友太選手 前節は神戸の貴重な最初で最後の得点をあげました。スペースを見つけての動き出しやパスセンスなど光るところがたくさんあり、これからまだまだ期待できます

この投稿をInstagramで見る

 

昨日も応援ありがとうございました!

郷家友太(@yuta_goke27_official)がシェアした投稿 –

インサイドハーフ

アンドレス・イニエスタ選手 異次元のプレーを繰り出しますが、パスの精度が前節は少し低かったように思います。疲労が見られるようであれば、安井選手に成長のためにバトンタッチもありかも

この投稿をInstagramで見る

 

リスペクトレジェンド! My respects, legend! Mi respeto, leyenda!!

Andres Iniesta(@andresiniesta8)がシェアした投稿 –


山口蛍選手 前節、得意なポジションからのシュートが惜しくも外れましたが、守備だけでなく果敢な攻撃参加はいつも狙っています

アンカー

セルジ・サンペール選手 うまく機能すればどんな状況も打開してくれ、決定的なパスも出せます。ただし左右のスペースを埋めるための工夫は必要

左サイドバック

酒井高徳選手 元気で力強い守備、ドリブル、パス。当たり負けしない強い身体。チームに闘志を与えるサイドバック。

センターバック

トーマス・フェルマーレン選手 前節欠場につき今節は出場でしょう。ボールを持っての攻撃参加に積極的に参加します。

この投稿をInstagramで見る

My new training partners. 🏃🏻‍♂️🚴🏻‍♂️🇯🇵

Thomas Vermaelen(@thomasvermaelen)がシェアした投稿 –


ダンクレー選手 前節はフェルマーレンと並んでの欠場。長い手足で攻撃的にボールにからんでくるので守備で相手に競り負けませんし、得点にからむことができます。

右サイドバック

西大伍選手 過密日程なので欠場かもしれませんが、ガンバ相手にはベストな布陣が欠かせないのでここは踏ん張りどころです。

この投稿をInstagramで見る

釣りをすること

西 大伍 Daigo Nishi(@daigonishi22)がシェアした投稿 –

ゴールキーパー

飯倉大樹選手 フィールドワークはぴかいち。前川選手も台頭してきましたが、バチバチのポジション争いですね。

まとめ

残り4試合の中で最強のチームなので、ベストな布陣で臨みたい所。ヴィッセルらしい戦い方を取り戻すべく難敵にぶつかって迷いをふっきれるといいのですが。スランプはスランプと割り切って頭を切りかえて思い切ったプレーを継続してほしいですね。ボールを握ることはできているので後は連動性のある攻撃を取り戻すだけです。とにかく点をたくさん取れれば多少の失点はカバーできます。ACLに弾みをつけて臨むためにもこの4試合勝ちたいですね。