ヴィッセル神戸11/18(水)第31節浦和レッズ戦スタメン予想 あと2試合
Pocket

あまりにスランプらしいスランプで点を奪うことが出来ず本当に勝てません。今節含め後2試合となりました。ACLに向けていい流れをつくるためにも、今節何かやりたいですね。

気になるスタメン&フォーメーション

フォーメーションは攻撃時4-1-2-3に固定で、守備時は4-2-3-1となります。スタメンはACLの外国人枠3人に対して確定はイニエスタと代表を辞退したフェルマーレンでしょうか。あと1人はわからないですね。

FW 古橋 藤本 郷家
ハーフ イニエスタ・山口
WB サンペール
SB 酒井 フェルマーレン・菊池 山川
GK 前川

左フォワード

古橋亨梧戦手 この何試合か得点シーンを見ていません。ACLに弾みをつけるためにも得点をあげてほしいところですね。

センターフォワード

藤本憲明選手 前節、決定機を何回もつくりました。惜しくもゴールとはなりませんでしたが、ストライカーの気質はぴかいち

右フォワード

郷家友太選手 ACLに向けて何人かの選手を試している印象です。郷家戦手もその一人の候補です。

インサイドハーフ

アンドレス・イニエスタ戦手 1本のパスで流れを変える魔術師です。でも、最近は他チームに読まれているのかスムーズに通らない場面も見かけます。なので、イニエスタ選手を囮として他の選手が空いたスペースを使う攻撃が必要になってきます。


山口蛍戦手 広い守備範囲で相手のチャンスの芽を摘んでいきます。定番となったミドルシュートもどこかで炸裂してほしいですね。

アンカー

セルジ・サンペール戦手 攻撃のリズムを作ります。アンカーは山口選手と大﨑選手の3選手が候補のようです。神戸の攻撃の要のポジションなのでここをどう作り上げるかが課題

左サイドバック

酒井高徳戦手 とにかく闘志でみんなを引っ張ってくれる戦手です。苦しい時期ですが応援しています。

センターバック

トーマス・フェルマーレン選手 守備の安定感は抜群です。前節は攻撃参加も見られ惜しいシュートもありました。


菊池流帆戦手 闘志あふれるファイターです。気迫のこもったプレーで見る者を魅了します。

右サイドバック

山川哲史選手 守備の安定感はルーキーとは思えないレベルです。もっと出場機会を増やして伸びていってほしい戦手です。

ゴールキーパー

前川黛也戦手 そのキャラクターでチームを後ろから盛り上げ、鼓舞してほしいです。

まとめ

あれこれ言っても仕方がないと思います。監督と私たちは選手を信じ、選手も仲間を信じ、いつかこのスランプから抜け出せることを信じ進むだけです。ACLが頭に浮かびますが、まずは浦和戦に集中してこの連敗から抜け出しましょう。