ヴィッセル神戸3/10(水)第3節FC東京戦試合結果速報 負け無し継続中!
Pocket

こんにちは。今のところ負け無しのヴィッセル神戸。

今節の相手は昨季6位のFC東京です。昨季14位の神戸からするとほとんどのチームが格上ということになります。
現在両チームともに負け無しどうしです。負け無しを継続できるかの大事な1戦です。

ACLで健闘した神戸ですが、リーグ戦では思わしい成績をあげることができませんでした。得点力はあったのですが守備に難があり得点以上に失点が多く勝てませんでした。また、その自慢の得点力もリーグ戦終盤にはすっかり沈んでしまっていました。

今季は今のところその課題を克服するために取り組んだ結果を見ることができているのかもしれません。

スタメン&フォーメーション

2節のスタメンと同じフォーメーションで前節田中だったところにドウグラス、フェルマーレンが小林に代わってのスタメンでした。今季初出場の小林がどのような守備を見せてくれるか楽しみでした。

FW ドウグラス・郷家
ハーフ 井上 古橋
WB 山口・サンペール
SB 酒井 小林・菊池 山川
GK 前川

前半ハイライト

神戸のキックオフでスタート。

軽快なパス回しから開始2分早々に郷家がPA内でサンペールからのパスに反応し素早いターンからシュートを放つも東京キーパー波多野の素早い飛び出しでブロックされます。

郷家は名手ビジャのまとっていた背番号7を今シーズンから継承しています。器用な選手なので登録はMFですが、この3試合の起用、背番号を考えると攻撃に重点を置いた働きが期待されているのでしょう。

その直後には古橋も1節の大阪戦を彷彿とさせるようなループシュートを放つもクロスバーを超えてしまいます。
今シーズンは昨シーズンと違って右での起用が定着しているので右利きの古橋にとってはやりやすいのかわかりませんが、1節で鮮烈なシーズン初ゴールをあげたのでそのイメージでこの起用が定着しつつあるのかも知れませんが、今後の得点の伸びが見られないようであれば再考もあるでしょう。

おしいシュートが立て続けにあり、少しもどかしい展開でしたがボールのつなぎは徳島戦と比較して格段によかったです。

その流れの中で前半5分、いきなりドウグラスがチャンスをものにします。東京のクリアミスに井上が反応し拾ったボールを素早く右に送り、ドウグラスが冷静にシュートをキーパーの右に流し込みます。

昨シーズンは最後までいまいちのりきれなかったドウグラスですが、今季はチーム戦術にしっかりとマッチし結果を残してくれるのではないでしょうか。

今節の井上は1節の輝きを取り戻したように思います。徳島の時のように当たり負けするようなこともなくしっかりと起点となりボールをつないでいました。

その後前半15分には東京のアダイウトンの強烈なシュートを前川がうまく弾いてこぼれたところに自らすぐに追いかけ、東京の田川が追いつく前に頭から突っ込み、さらに東京の選手がいないポイントに弾き出します。危険を顧みない献身的なプレーでゴールを守ります。昨季も同じ様に危険を顧みずボールをつかみに頭から行ったところを相手選手に蹴られ頭に怪我を負ったシーンがありました。素晴らしい勇気ですが、見ている方は怪我をしないかヒヤリとするシーンでした。


さらに後半30分には東京の田川が強烈なシュートを放つも前川の正面で少し弾きましたがナイスセーブ。またも前川が魅せます。

前半はそこから点が動かず後半に進みます。

後半ハイライト

東京のキックオフで後半スタート。
流れを変えたい東京が先に動きます。
田川に代えてディエゴ・オリベイラを入れ、東に代えて三田を送り出します。

すると後半13分に今季期限付き移籍から復帰して今シーズン初めての出場を果たしている小林が接触により口を怪我しピッチ外で治療のため、神戸が一時的に10人になります。

大きなピンチとなることを回避でき、小林が戻った神戸は再び勢いを取り戻し、後半20分に再びドウグラスがゴール前で魅せます。左サイドの酒井から中へグラウンダーの折り返しを郷家がさらに弾き、それを受けたドウグラスが流し込みます。

1試合で2得点とドウグラスの得点力がいかんなく発揮され、今シーズンの調子よさを裏付けるシーンです。

VAR判定が今季からJリーグに導入されたので、ゴール直後に主審がVARの部署と交信する時間がしばらくあり、判定がくつがえるかもという不安がよぎりますが、無事認められ貴重な2点目です。

その直後、サンペールから増山への交代をはさみます。

これで勝利を確信したのですが、その直後の後半29分、東京の逆襲が始まります。
東京のアダイウトンからディエゴオリベイラへの絶妙なスルーパスを一気に縦へ運び込み、前に出ていたキーパー前川をもスピードにのったフェイントでかわし無人のゴールへ蹴り込み反撃の狼煙をあげます。

勢いに乗る東京は後半32分にもアダイウトンのシュートのこぼれ球に途中出場の永井が反応し、ダイレクトシュートで遂に同点ゴール。ホーム東京のサポーターと一体となった押せ押せムードがあふれます。

ディエゴオリヴェイラが神戸ゴールをおびやかします。

井上がゴールライン際で粘りを見せ、神戸のゴールキックかと思った瞬間、ライン際で井上の足に当たって出たとの判定で東京のコーナーキックでした。

この判定に不服だった井上がボールを蹴り上げイエローカードをもらってしまいます。賛否両論あると思いますが、これくらいの闘志を出して戦ってほしいと私は思いました。

昨季の得点以上の失点シーンが頭をよぎり始めた後半37分、流れを変える井上から佐々木への交代でした。
佐々木も三浦監督にその才能をかわれている選手で、私も面白いサッカーをする選手だと思います。井上にとっては、イエローカードをもらった直後の交代で後味は悪かったかもしれませんが、今日のプレーは素晴らしかったのでチャンスがまだまだ与えられると思います。この交代は過密スケジュールによる配慮もあると思います。

佐々木の加入で左の攻撃が活性化し、再び神戸が息を吹き返したと思った後半40分、ついに郷家がやってくれました。
酒井→佐々木とつなぎ佐々木が中に入れたボールが東京に弾かれたところに郷家が走り込み、強烈なシュート。それがポストに弾かれ戻って来た所に自ら走りこみ遂に勝ち越し弾を叩き込みます。

ここで古橋が動かなかったのは賢明でした。おそらく前に出ていればオフサイドをとられゲームが中断し、チャンスがつぶれていました。
またVAR判定がありましたが、このゴールも無事認められ神戸は勝ち越しに成功します。

後半43分、ドウグラスから安井への交代。この辺りも過密スケジュールへの配慮だと思います。

守備への意識が高くなる神戸。その間にも東京が前にボールを運ぼうとします。アディショナルタイムは5分。古橋、佐々木のツートップとなり、安井が左ウイングです。東京陣内では古橋、佐々木が懸命にボールを追い、キープしボールを簡単に前に出させません。よく攻めながら守り、試合を上手に閉めたと思います。

長く感じたアディショナルタイムでしたが、ようやく試合終了のホイッスルが鳴りました。

まとめ

3-2

宮城県出身の郷家が震災10年目の節目の前日に勝ち越し弾を決めてチームの勝利に貢献できたのは郷家本人も言っていたとおり大きかったと思います。

また、今季のドウグラスは期待できますね。強いフィジカルを生かしボールをコート中盤で受けてつなぎ、ゴール前に入り込む動きが卓越していて、チーム戦術にマッチしています。

気になるのは先ほども書いた古橋です。本来は左サイドからの切り込みが得意だと思うのですが、現在は右ウイングでの起用です。得点につながるプレーはできると思いますが、1節こそ得点しましたが直接得点するチャンスは少ないと思います。攻守にわたってチームの勝利に貢献できているので、献身的な古橋はある程度は満足しているかもしれませんが個人的にはもっと得点シーンを見たいと思っています。

この勝利で神戸は勝ち点7で暫定4位につけています。無敗記録継続中です。今シーズンは下位4チームが降格ということで、昨季の成績であればJ2降格圏内に入ってしまいます。この好調を維持して、イニエスタやリンコンの参加を待ちたいですね。今は勝利という結果がついてきておりうまくいっています。今後、相手チームのスカウティングで戦い方を変える必要はあると思いますが、試合の中で臨機応変に対応する力をつけていってほしいですね。井上や増山、小林たちの新加入選手もうまく溶け込んでいますしチームの雰囲気のよさが出ています。

次節は3位の名古屋をホームに迎えて中2日での試合です。この勢いを止めずにリカバリーをして試合に臨んでほしいですね。

それから、4月11日(日)の清水エスパルス戦の観戦チケットのプレゼント抽選用紙が神戸市内の小中学生に配布されています。応募して観戦に行きたいです。

余談ですがDAZNで香川真司が加入したPAOKの試合が配信され始めています。この動きの早さはDAZNやはり素晴らしいですね。
DAZN