ヴィッセル神戸第4節・5節・6節戦いの軌跡と奇跡
Pocket

こんにちは。久しぶりの投稿になってしまいました。

近頃、職場が変り拘束時間が長くなり更新が思い通り行かなくもどかしい思いをしています。

それでも、リアルタイムではありませんがヴィッセル神戸の試合を見て励ましを受けています。

今回、短くですが各試合で気になったところをまとめてみました

第4節 3/13(土) グランパス名古屋戦

2021 明治安田生命J1リーグ 第4節2021/03/13 18:03 kick off  ノエビアスタジアム神戸

簡単に言ってしまえばとにかく最後までもどかしい試合でした。

第3節まで無敗どうしのがちんこ勝負でした。

前半19分に決めた稲垣の1点を最後まで守りきった堅守名古屋の勝利でした。

増山、佐々木はここまで途中出場でいい動きをしていたので、スタメン出場でどの様なプレーを見せてくれるか楽しみにしていましたが、この日は堅守名古屋の前にいい所を見せることができませんでした。

この2人に限らず全体的にイージーなパスミスが多く、自らの首を絞めた試合でした。

最後になるにつれ、段々と神戸の攻撃が単調になり最後はフェルマーレンがPA前まで上がってのパワープレーで打開を試みましたが、PA内では全く思い通りにボールを自由に持たせない名古屋のプレーに成す術なしといった感じでした。

選手交代も5人の交代枠を全て使いきり、総力戦で挑みましたが攻撃にアイデアと変化がとぼしかったです。

印象深いプレーは今季から東京ベルディーより新加入の井上潮音の交代直後の強烈なシュートでした。

井上はこれまでの試合ではボールのつなぎ役としてパスのリズムを作る役割だったのですが、後半の佐々木からの交代の直後に挨拶代わりの1発をお見舞いし神戸の攻撃の新たなバリエーションとして名乗りをあげました。

気になったのは古橋のウイングとしての起用です。昨季まではFWとして12得点をあげた古橋ですが、走力で勝る古橋の能力を守備にも生かしたいとの三浦監督の意向だと思われますが、シュートの機会はFWと比較すれば格段に減ります。

第1節のガンバ大阪戦で東口の頭を華麗に超えるループシュートで貴重な決勝点をあげた記憶にひきずられ、この位置での起用が続いていますが、その後、5節までの4試合ゴールなしです。FW起用に戻して様子を見たいです。

試合結果0-1

第5節 3/17(水)川崎フロンターレ戦

2021 明治安田生命J1リーグ 第5節2021/03/17 19:03 kick off  ノエビアスタジアム神戸

最後の最後にロスタイムで髪をグレーにし、イメチェンをはかったダビドリューホこと菊池が魂のヘディング同点弾を叩き込み、ここまで全勝の川崎にストップをかけた、勝利の様な同点ゲームをやり遂げました。

ここまで全勝の川崎フロンターレとの1戦。ここから伸びていくのか沈んでいくのか試金石となる試合でした。

前半は川崎の攻撃を何とかかわしていましたが、シュート数は川崎の方が多くチャンスを生み出していました。

しかし、神戸の守備は昨季と違い相手のキープレーヤーである三苫、家長を2、3人でマークし自由に動けないように封じ込める守備になっており、しっかりと守備の強度が上がっているように思います。

後半開始10分に川崎のレアンドロ・ダミアンの鮮やかなヘディングシュートがゴールに入りましたがVAR判定で取り消され、神戸にとっては救いの判定となりました。

しかし、王者川崎のエース、レアンドロ・ダミアンが前川が前に出ているのを見逃さず、シュートを放ち再度ゴール。神戸は先制を許します。

しかし、後半は神戸が何度もチャンスを演出し惜しいシーンがありながらも決まらず。

でも、この日の神戸はアディショナルタイムの最後まで諦めることなく走りきり、アディショナルタイムに入る直前に初瀬が入ってから奇跡が起こりました。この日はアディショナルタイムが10分と長かったのが川崎にとっては誤算であり、不運でした。

しかし、神戸にとっては救いのアディショナルタイムとなり、まさにこの終了間際のアディショナルタイム9分に菊池の今季2得点目となる同点ヘディング弾が飛び出します。

後のコメントで、「まだホームで決めていなかったので・・・」と言っており、ホームゲームでの得点にこだわっていたのでしょう。まさに、魂で叩き込んだ神戸サポーターにとっては最高のプレゼントとなりました。

この菊池の攻撃参加もしっかりと攻撃としての実績が出てきており、神戸の攻撃の重要なバリエーションになりそうな予感を感じさせる貴重な試合でした。

個人的には、この好ゲームの観客数が10000人収容可能なところに対して7446人と前節の名古屋の8934人よりも1500人も少ないところがとても残念でもったいないと思います。平日開催で自由に動ける方が少ないのでしかたないのかもしれませんが、生で見たら相当興奮したゲームだったと思います。

試合結果1-1

 

第6節 3/20(土)コンサドーレ札幌戦

2021 明治安田生命J1リーグ 第6節 2021/03/20 14:03 kick off  札幌ドーム

前半と後半10分だけ見たら、負けたと思った試合でしたが、なんとなんと・・・奇跡を起こしてくれた痛快な逆転ゲームでした。ドラマを見ているような試合でした。

前半は札幌の守備のマンツーマンディフェンスをうまく外せず攻め込まれてしまいましたが、後半は札幌の気が緩んだのか疲れたのかマークがゆるみ神戸が自由にボールを回せるようになりました。途中加入した中坂が試合の流れを変えました。サイドからの攻撃が活性化し、札幌の守備に隙間を作ることに成功しました。

第1節に開幕ゴールを決め、順風満帆なスタートを切ったかに見えた古橋がその後苦しみ抜いた末に叩き出した2ゴールに喜びが爆発しました。札幌のパスミスを見逃さない素晴らしいゴールでした。昨季の12ゴールを超えてほしいですが、今シーズンは攻撃を組み立てる役割も期待されています。この間、日本代表への再選出がありましたが、様々なポジションをこなせることも評価されての日本代表入りだと思いますので、ポジションの幅をひろげながらまだまだ成長してほしいですね。

山口の2ゴールも圧巻でした。あの場所では絶対的な強さを見せますね。日本代表へのカムバックも十分に狙えるのではないでしょうか。

そして前川が日本代表初選出、おめでとうございます。キーパーはなかなか出場機会に恵まれないかもしれませんが、明るいキャラクターでチームを盛り上げてほしいです。そして、いつかはレギュラーに定着してほしいですね。

また、相手チームのベンチにレジェンド小野伸二がいたので、出場を期待していたのですが出られず残念でした。

試合結果4-3

 

まとめ

この第6節までで神戸はリーグ6位タイとなってます。まだ序盤ではありますが、流れは上向いていると思いますので上位目指していきたいですね。

得点のパターンは最近はロングボールで相手ディフェンスの裏をとるスピーディーな展開、菊池やフェルマ-レンがPA内まで入っての空中戦などバリエーションが増えており、相手ディフェンダーにとってはやっかいだと思わせることができるのではないでしょうか。

イニエスタが戻って来たときに、新たなチーム編成がありますが今のうちに実績を上げてイニエスタが無理をしなくても勝てるチームを作り上げてほしいですね。

また守備に関しては札幌戦は勝てたのでよかったですが、シビアなゲームでは1点、2点のゲームが多いと思うのでその時に3失点は命取りになります。次節までに今一度守備組織の見直しをして、臨んでほしいと思います。